投稿者「staff」のアーカイブ

初心者でもわかる!簿記講座④~最終回~

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです!

 

前回まではざっくりとした簿記の流れを書いていきました。

今回は『複式簿記・単式簿記』について書いていこうと思います。

 

 

『単式簿記』とは・・

1つの取引に対して1つずつ記録をしていく方法です。

簿記の知識がなくても簡単に記帳ができるものになります。

身近なものでは『お小遣い帳』『家計簿』などが単式簿記にあたります。

簡単にいえば、お金に注目してどのくらい使用したかや管理が目的となります。

ただし、

・お金の増減の理由がわからない

・お金が動かない取引に関しては把握できない

というデメリットがあります。

 

 

『複式簿記』とは・・・

まず初めに『単式簿記』でのデメリットが『複式簿記』では

すべて解消することができます。

簿記を勉強することで『複式簿記』を行う事ができるようになります。

2つ以上の勘定科目をつかい、目的などを記録し、仕訳をしていきます。

『複式簿記』を行う事よってお金の流れや、損益等を知ることができます。

 

複式簿記ではこのように仕訳をするので、

〇月〇日に、仕入れにお金を○○円、消耗品を購入するのに○○円使ったということを記録します。

こうすることで、何をするためにいくらお金を使ったのか把握することができます。

 

また複式簿記では、お金を使わない仕訳 ↑ をすることができます。

これは、車を購入して納車されたけど、支払は後日にする(まだ払っていない)、という仕訳です。

 

 

 

 

確定申告の際に『白色申告』『青色申告』との二つがあります。

 

『白色申告』では、簡単に行う事の出来る

『単式簿記』のみで申告をすることができます。

 

 

『青色申告』の場合、

『単式簿記』と『複式簿記』から選択することとなります。

『単式簿記』と『複式簿記』、どちらを選択するかで、

青色申告特別控除額が大幅に変わってきます。

この控除の違いでも大幅に収める税金の金額が変わってきます。

こう見るとやはり『複式簿記』をした方がお得だと思います。

ただし自力で行うとかなりの労力と時間がかかってきます。

 

少しでも収める税金を減らしていけるように、

是非、ご相談ください。


 

初心者でもわかる!簿記講座③

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです!

 

 

今回も『簿記』について書いていこうと思います。

 

前回は『仕訳』について書いてきましたが、

今回は以前書いてきた簿記の流れを確認しながら

日々の流れから、1年間の流れまで説明していこうと思います。

 

※以前の簿記の流れに関しては下記のブログをご覧ください。

初心者でもわかる!簿記講座①

 

日々の流れ

日々の流れとして前回あった『仕訳』をしていくことが重要となってきます。

日々のお金の動きに対して『仕訳』を行い、記帳をしていきます。

 

全科目の1年間の動きがわかるように、仕訳だけでは取引がわからないので、

各科目ごとの動きを示す為に『総勘定元帳』へ転記していきます。

 

総勘定元帳は、所得税の青色申告で65万円の特別控除を受けるために必要な帳簿です。

「青色申告=65万円の控除を受けることができる」

というイメージですが、青色申告の承認申請をするだけではなく、

総勘定元帳を作成して備え付けたり、貸借対照表を作成したりすることが、

青色申告で65万円の特別控除を受けるための要件です。

 

 

 

1か月ごとの流れ

日々『仕訳』をしていくことで1か月分の『仕訳』が完成します。

次に『試算表』を作ります。

簡単に説明すると、『1日1日仕訳をした取引を集計する』というような感じです。

 

 

表のとおり、借方の合計と、貸方の合計が一致します。

しない場合どこかにミスがあるということになります。

試算表を作成することで、月ごとの資産状況等を確認することができます。

1年ごとの流れ

1日、1か月行ってきた業務の最終目的は『決算書』を作成するためにあります。

『決算書』を作成することにより一定期間ごとの儲けや財産の状況を一覧にすることができ、

また、税金を計算していくために必要となってきます。

 

以上が簡単な流れとなり、この流れを毎年毎年繰り替えしていきます。

 


いかがでしたでしょうか??

今回は『1日の流れ~1年間の流れ』を簡単にみていきました。

次回も『簿記』について書いていきます!!

初心者でもわかる!簿記講座②

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです。

 

今回も前回と同じく『簿記』について

書いていこうと思います。

 

前回も出てきた『仕訳』から説明していきます。

 

上記のような取引が発生したと考えます。

この『仕訳』をするとこうなります。

 

右と左にそれぞれ科目と金額が記入されています。

仕訳には1つの取引を2つに分け記載するというルールがあります。

商品を販売する際、金額は増えて売上が出るので、

『金額が増えた』『売上が出た』という二つに分けて仕訳する

必要があります。

『右側を貸方』『左側を借方』 といいます。

 

 

勘定科目は5つのグループに分けられます。

そのグループにより増えると右側減ると左側』に記録するという

ルールがあります。

ここからはそのルールについて少し説明していきます。

資産

現金や預金、その他に土地などが資産に分類されます。

資産は『増えると左側に記載し、減ると右側』に記載します。

負債

銀行からの借入金等、後日お金を支払うものなどが負債に分類されます。

負債は資産と逆で、『増えると右側、減ると左側』に記載します。

 

資本(純利益)

会社の開業時に株主より出資してもらうお金が資本に分類されます。

資本は負債と同じく、『増えると右側、減ると左側』に記載します。

収益

商品を売った場合等で売り上げが発生した場合の売上などが収益に分類されます。

負債や、資本と同じように、『増えると右側、減ると左側』に記載します。

 

費用

会社を運営する為に必要な仕入や電気代や電話代等が費用に分類されます。

資本と同じように『増えると左側、減ると右側』に記載します。

 


今回は『仕訳』の基本について簡単に書いていきました。

次回は『日々の流れから1年の流れ 等』を書いていこうと思います。

 

初心者でもわかる!簿記講座①

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです。

 

現在プラスカフェでは、新人の私たちの知識をつける為

週に1回簿記の勉強会をしています。

なので今回からは皆さんご存じかとは思いますが、

『簿記』について書いていこうと思います。

 

 

 

 簿記とは・・・

帳簿に仕入や売上等の記録をつけることをいいます。

簿記をすることにより「いくら使ったか」「いくら売り上げたか」

などを把握することができます。

簿記を知っているだけでビジネスなどに役立てる事ができます。

 

 

 

下記の図が簿記の一連の流れとなります。

簿記には様々な『用語』が使われています。

なので、簡単に説明したいと思います。

 

まず初めに、取引の発生から始まります。

簿記での取引の発生とは、『商品をいくらで仕入、いくら支払った』

という事取引の発生といいます。

 

そこで、この『商品をいくらで仕入、いくら支払った』という取引の発生に対して

仕訳を行っていきます。

※仕訳に関しては次回詳しく書いていきます。

総勘定元帳試算表決算整理とは・・・

『総勘定元帳』

取引の発生に対して各科目ごとに記録していく帳簿のことを言います。

『試算表』

決算前に仕分けがあっているか検証するための表を言います。

『決算整理』

年をまたぐものに関して今年と翌年以降に分ける仕訳のことを言います。

減価償却や在庫の計算など年に1回行う仕訳も言います。

貸借対象表損益計算表とは・・・

『貸借対象表』

現在どのくらいの財産があるかを示す表のことをいいます。

『損益計算表』

1年間でどのくらい売上て、どのくらい経費を使い、

最終的にどのくらい儲けたかを示す表のことをいいます。

この流れを1年間で行っていきます。

 


 

いかがでしたでしょうか?

ご存じの方も沢山いらっしゃると思いますが、基礎の『用語』から

説明させていただきました。

次回は仕訳等を詳しく説明していければと思います。

 

終活・相続セミナーの講師をさせて頂きました!

こんにちは!

税理士法人プラスカフェの今井沙矢香です。

 

本日6月13日(木)、京都信用金庫・城陽支店さん主催のしあわせづくりセミナーの講師をさせて頂きました。

 

テーマは、

 

知っておきたい 親の「終活」あなたの「終活」

~税理士から聞く終活と税金の関係~

 

です!

 

 

 

お忙しい中、また今日はとても暑かったですね💦

お暑い中お越し頂きありがとうございました。

京都信用金庫・城陽支店の皆様にも大変お世話になりありがとうございました。

 

セミナーの内容は、前半に終活のお話、後半に相続・贈与と税金のお話をいたしました。

 

終活のお話の際には、今回のセミナーの✨参加者特典✨でお配りしたエンディングノートを皆さんと一緒に見ていきました。

 

 

途中で実際にエンディングノートを書く作業を一緒にしていきました。

そのページには日本地図世界地図があって、

行ったことのある場所や、これから行ってみたい場所を塗っていくというものです。

私がエンディングノートを書いていて一番楽しかった、おすすめのページです。

 

 

後半は、相続税や贈与税の「ココだけポイント」をご紹介しました。

税金の話は、すればするほど複雑ですので、

まず、ここだけ知って頂きたいという内容をお伝えしました。

 

相続税も贈与税も同じで、

どのような場合に税金がかかるのか?

ということが少しずつわかっていくとそれぞれの仕組みが見えてきます。

 

 

終活は家族にとってとても大事なことです。

今回のセミナーのタイトルも下記のようにつけました。

 

あなたの終活

親の終活

 

終活の主役は、もちろんそのご本人ではありますが、

「あなた」だけのものでも、「親」だけのものでもありません。

家族の終活だと思います。

 

 

家族みんながHAPPYになるような終活を伝えていきたいので、

またどこかで終活セミナーができたらと思っております!!

 

はじめまして。石田です。

はじめまして。

4月からスタッフとなりました石田と申します。

宜しくお願い致します。

少し自己紹介させてください。

前職は福祉関係の営業職をしておりましたが出産を機に退職させて頂きました。

しばらく育児に専念していましたが縁がありまして今回スタッフとして

迎えて頂きました。

分からないことばかりですが頑張って勉強していきます。

好きなことは

パンを食べることと高校野球観戦です。

パンはハード系のパンが好きです。

作るのは苦手なので食べるのが専門です。

近くのパン屋さんはもちろん外出先でもパン屋さんを見つけたら

ついつい寄ってしまいます。

高校野球は高校の時に野球部のマネージャーをしていたこともあり

大好きです。毎日練習した成果を発揮する夏の大会は、負けたら

終わりというドキドキの中での試合は見ていても緊張します。

学生時代は甲子園に行きアルプス席で一緒に応援していましたが、

社会人になってからは暑くて屋根のある内野席で観戦していました。

出産してからは、なかなかいけず家で涼みながらテレビ観戦しています。

 

 

新しい環境に早く慣れていけるように努力します。

ご迷惑おかけすることもあるかもしれませんが

宜しくお願い致します。

 

 

キーワードから知る・債務控除②~税金・葬儀費用など~

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです。

前回に引き続き【債務控除】についてです。

ラスカフェでも相談が多くある

税金葬儀費用などについてご説明出来ればと思います。

未納の税金

亡くなった方が納めなければならなかった税金で、

まだ納めていなかった所得税や住民税、

固定資産税なども控除の対象となります。

債務控除の対象となるものを詳しく見ていきましょう

 

固定資産税

固定資産税は毎年4月以降に税額が通知され、通常は4回に分けて納めます。

亡くなった時点でまだ納付していない金額が控除の対象となります。

つまり、亡くなった日と納期限の前後関係で、債務控除できる範囲が変ってきます。

 

所得税

相続人は亡くなった方の所得税の申告、つまり準確定申告をする必要があります。

期限は、相続の開始から4か月以内となります。

準確定申告をし、納付税額は債務控除の対象となります。

また、還付申告となった場合、相続税の課税の対象となります。

ただし、還付加算金は相続財産に含まれないので、相続税の課税はありません。

 

 

住民税

住民税は前年の所得と基準として計算します。

なので、亡くなった年の翌年の住民税はありません。

亡くなった年の住民税の未納分については、債務控除の対象となります。

 

 

葬式費用の控除

葬儀の費用にも控除の対象のものとそうでないものがあります。

 

 

控除の対象・・・

  • お通夜、告別式の際、葬儀会社に支払った費用

  • お通夜、告別式に係る飲食費用

  • 供花費用

  • 埋葬、火葬、納骨に係った費用

  • 遺骨の運搬費 等

葬儀の前後は慌ただしく忙しいかと思いますが、葬儀当日の日付で領収書などは

受け取り、領収書の取れないものは、正確な記録を残し

管理しておくことが大切です。

 

 

控除の対象でないもの・・・

  • 香典返しの費用

  • 解剖等に係る費用

  • 初七日、四十九日、一周忌法要などの法事費用 等

は対象外となります。

ただし、葬儀と初七日を同日に執り行う場合は、初七日の費用を

葬儀費用に含めることができます。

 


 

今回は税金と葬儀の控除に関して簡単にまとめてみました。

控除できるものはしっかりとし、相続税の金額を少なくしましょう。

是非、プラスカフェへご相談ください。

 

0774-44-5618

キーワードから知る・債務控除①~債務控除とは~

こんにちは!

税理士法人プラスカフェです。

今回のテーマは債務控除です。

 

まず債務控除とは・・・

相続税を計算する際に、支払うことが確定している負債に関して財産から引く事

できることです。

 

債務控除の金額が多い方が納付する相続税の金額が少なくなるので、

領収書など記録に残るものを漏れなく集めたいですね!!

 

では、実際にどのようなものを差し引く事ができるかというと・・・

借金等の負債

未払いの税金

葬儀費用 などなど

確実な負債の物に限ります。

債務控除が出来るものがたくさんあると、それだけ相続税が安くなります。

 

債務控除を行うことができる人とは

亡くなった方の責務や葬儀費用を負担する相続人と包括受遺者、

遺贈により財産を取得した人です。

 

遺言によりされた財産だけ受け取る特定受遺者は債務控除を

受けることができないので注意してください。

 

また、財産を取得した際に日本国内に住所がないなどの場合、

遺産の総額から控除できる範囲が限られてしまったりする場合があります。

 

相続を放棄した場合、債務控除を受けることができなくなります。

ただし、葬式費用については、相続放棄をした人や相続権を失った人も認められます。

 

 

借金等負債の控除

対象となる控除には・・・

クレジットカードの未払い金

電気代、ガス代の未払い金

入院費、医療費等の未払金

など亡くなった方が死亡した際に存在した負債で確実と

認められるものとなります。

 

対象外になる控除には・・・

・生前に購入していたお墓の未払い分

・相続税申告にかかる税理士費用

・弁護士依頼費用

・相続手続きに関する費用 等

控除を受けることができないものもあるので注意が必要となります。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回は葬儀費用の控除と、未納の税金について

お話していきま

 

キーワードから知る・相続②~遺贈、遺留分など~

こんにちは!税理士法人プラスカフェです。

 

今回も前回に続き相続のことをお伝えしていこうと思います。

 

遺贈

遺贈とは、財産を無償で譲ること言います。

譲る相手には特に制限等もありません。

遺贈には2パターンがあります。

 

「包括遺贈」とは

遺言によって受遺者に対し全部又は、一部を無償あるいは、

一定の負担を付して財産を与えることです。

受遺者とは相続人や相続人以外の者に受け継ぐ人のことをいいます。

遺言者に借金等の負債がある場合、

遺贈の割合に従って引き受けなければいけません。

また、放棄する場合は相続人と同様に3か月以内に家庭裁判へ申告する必要があります。

 

※相続人の放棄については下記のブログを御覧ください。

キーワードから知る・相続①~相続人、遺言など~

 

「特定遺贈」とは

包括遺贈以外の遺贈のことです。

特定遺贈者は、相続人に意思表示をすることで放棄ができます。

受け取る財産が明確になっているため、包括遺贈と違い、

他の相続人や受遺者と遺産分割協議を行う必要がありません。

 

 

遺留分

遺留分とは一定の相続人が最低限相続できる財産のことです。

遺言書が残されている場合、優先されるのは遺言書となります。

第三者に「全ての財産を相続させる」と記載があった場合、

親族等の本来相続人であった方の相続分がなくなってしまいます。

そこで、遺留分によって最低限相続できる権利を保障しています。

遺留分の減殺請求権は、相続の開始後1年で時効により消滅します。

 

③贈与

贈与とは、贈与者が生きている間に自身の財産を無償で与える意思を示し、

相手方が承諾することです。

贈与を行うと贈与税がかかる場合があるので注意が必要となります。


 

相続や贈与に関して簡単にまとめさせていただきましたが、

相続のイメージはできましたでしょうか?

 

プラスカフェでは、相続専門チームがいるので安心です。

是非相続でお困りのことがあればご相談いただき、

お力になれれば幸いです。

お気軽にご連ください

 

 

税理士法人プラスカフェ                                     0774-44-5618

キーワードから知る・相続①~相続人、遺言など~

こんにちは!税理士法人プラスカフェです。

 

相続や税金の話って、なんでこんなに難しそうなんでしょう!?

専門用語が多いというのが、その理由の一つにあると思います。

 

例えば、簿記の話でしたら、

「水道光熱費」「消耗品費」「旅費交通費」 など

イメージのつきやすい言葉があったりしますが、

相続ではあまり普段の生活から使うような言葉は多くありません。

 

そこで、今回は相続のことを興味をもっていただきたいと思い、

相続に関するキーワードを一つ一つ見ていくことにしました。

 

①相続の基本

相続とは何か??

 

相続とは、人の財産を次の世代に受け継がせることを言います。

相続の対象に現預金や土地等の資産はもちろんのこと、借金や負債までもが相続の対象

となります。

 

 

 

②相続放棄

相続放棄とは一切の遺産相続をせずに全てを放棄してしまうことです。

相続の開始があったことを知った時から

3か月以内にその旨を家庭裁判所へ申し出て行います。

 

 

③相続人と相続分

 

まず、配偶者は常に相続人となります。

子供がいる場合は、配偶者1/2子供1/2を人数で分けます。

子供が居らず、父母がいる場合は、配偶者2/3父母1/3を人数で分けます。

子供、父母が居らす、兄弟姉妹がいる場合は、配偶者3/4兄弟姉妹1/4を人数で分けます。

 

 

ただし、遺産の分配は法定相続分どおりに行う必要はなく、

相続人全員の合意により自由に分割することができます。

 

④遺言

遺言書とは、残された相続人同士がもめないように亡くなった方が最後に書面に残したものです。

遺言により亡くなった方本人が自己の財産を自由に処分することができます。

遺言書には基本的に3パターンがあります。

 

「自筆証書遺言」とは

全て本人が直筆で全て書き、日付及び名前も自筆して押印する遺書です。

代筆やワープロ等は認められません。

 

 

「公正証書遺言」とは

遺言者が遺言内容を公証人に内容を伝え、それをもとに作成される遺書です。

公証人は法務大臣に任免された公正証書の作成者のことをいいます。

原本が公証役場に保管させるので、無くしたりの心配もなくなります。

 

 

「秘密証書遺言」とは

遺言者が内容を誰にも知られたくない場合に作成される遺書です。

内容を秘密にすることはできますが、自分が遺言書を作成し、

その作成した遺言書が秘密証書遺言であるということを公証人と証人に

確認してもらう必要があります。

 

 

いかがでしたでしょうか??

簡単にではありますが、キーワードごとに内容をまとめました。

少しでも相続というものがイメージしていただけたら幸いです。

次回に続きます!!