青色申告② なぜみんな青色申告を選ぶのか

確定申告特集①の続きです。

前回は、白色申告と青色申告のどちらを選ぶか悩んだ際の検討材料にして頂くため、下記を記載しました。

(おさらいです)

白色申告に向いている方(個人的な見解です)

・ずっと赤字が続くと予想される方

・売上に対する経費が十分ある方

・会計ソフトを使いたくない方

青色申告にした方が良い方(個人的な見解です)

・年によって黒字の年と赤字の年がある方(売上に波がある方)

・売上に対する経費が少ない方

・銀行から融資を受けたい方

・家族で経営されている方

それでは、上記の理由を考えていきましょう。

1つめは、【青色申告特別控除】です。

青色申告のメリットの中で1番にあげられるものです。

最高で65万円控除されます。

控除というとイメージがつきにくいですね。

簡単に言いますと、実際に支払っていないのに経費が65万円増えるイメージです。

「売上から差し引く」という点では、計算上、控除も経費も同じということです。

売上 ー 経費 ー 控除 = 所得(利益)

で、所得が少ないほど税金が少なくなりますので、

青色申告特別控除を受けるということは税金を少なくすることにつながります。

そのため、「売上に対する経費が少ない方」は青色申告した方が税金が少なくなるため、青色申告特別控除のメリットがあります。

反対に、「売上に対する経費が十分ある方」は所得(利益)があまりないため青色申告特別控除のメリットが薄くなります。

仮に、年間の売上から経費を差し引いた所得が15万円だった場合、青色申告特別控除の金額は65万円ではなく、15万円になります。

「最高で」65万円というのは、経費を差し引いて残った所得以上には差し引けないからです。

15万円の所得でしたら、基礎控除38万円で消えてしまいます。

そうなると「売上に対する経費が十分ある方」は白色申告でもよいのかもしれませんね。

また次回に続きます(●^o^●)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA